カテゴリー「旅」の記事

2016年4月23日 (土)

シンガポール旅行記

先週、友人と2人で二年越しの願いだったシンガポールへ行って来ました。

初めての羽田空港からの旅。深夜発だったので、夕方まで普段通りに仕事して、帰宅してからリムジンバスで出発。空港で夕飯食べたり、両替したり、保険に加入して、機上の人に。が…

leo「只今、機体に不具合が見つかり点検しておりますので、出発は遅れます」

shockマジですか?

無事に離陸したものの、(悪天候で)揺れが酷くて、ほとんど眠れないまま朝、シンガポール着。

早速、スーパーカー達がお出迎え


もちろん、日本を代表するこのスーパーカーも


目の保養をしながら、夕方まで観光地巡り。
帰国後に旦那に写真を見せたら、「クルマの写真ばかり撮って来たのかsign02」と言われたけど、違います。シンガポールと言えば


夕方、やっとお宿に到着する


マリーナ ベイ サンズ です。残念ながら海側の部屋でしたがお部屋は広くて、荷物の多いオバサン達は嬉しかったです。



植物園の夜のショーがバルコニーから良く見えました。

そして、いよいよ、屋上のプールへ。夜景は綺麗だったけど、寒くてsweat01 プールは昼間がお薦めかも。

2日目
美味しい朝食をゆっくりと食べて


再び、プールへ。


シンガポールは高温多湿なので、プールは最高です。今回の旅の目的は、ズバリ、プールでした。

プールの後は、ラッフルズホテルでハイティー。


美味しいお紅茶を飲みながら、優雅なひととき😊 日本からネットで予約して行きました。お茶代は約6000円。旅行中の一番の贅沢でした。

そして、夜は、船で夜景クルーズ&シンガポール フライヤーで空から夜景を楽しみ、さらに、マリーナ ベイ サンズの噴水ショーを楽しみました。

最終日の3日目


ゆっくりと朝食を食べて、 マリーナ地区の散策&夜のサンズのレーザーショーを見て(写真はネットから拝借)
空港へ。深夜便で帰国。

4日目
強風のために着陸のやり直しがあり、ハラハラドキドキしたが、朝10時に無事に着陸👏

月曜日から、普通通りに働いています😌

次はどこに行こうかな🎶

*旅行中に、熊本で大地震が発生しました。
被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。





| | コメント (2)

2015年10月18日 (日)

女子旅 〜2015 秋 瀬波温泉②〜

温泉宿に到着。入口で10人近いスタッフに出迎えられてびっくり⁉️ 重いバッグもカートに乗せてサッサと運んでくれました。セレナも若いスタッフのお兄さんによって駐車場に移動。


ロビーからの景色。←これは翌日の穏やかな海。

チェックインを済ませて、案内されたお部屋は二間続きの広い部屋で窓からはやはり海が見えます。海なし県の人間には嬉しい景色。

一休みしてから、暴風の中、近所の土産屋さんの下見に出かける。饅頭と酒をチェック。

戻ってから、いよいよ温泉へ。暴風の中の露天風呂。夕日を眺めながらのはずが、残念ながら曇り。いくら祈っても曇りのまま日は暮れました。残念。でも、温泉は気持ち良かったです。
さらに洗いざらして色落ちした浴衣とはいえ、自分で選んだ浴衣をきちんと着付けして貰えるサービスがあり、4人、それぞれに違う結び方をしてくれました。

そして、いよいよ夕食タイム。指定して注文した豪華な和食。


写真撮ったり、指で押してみたり。左に見える釜で岩船産の新米を炊くので、炊きたてのアツアツが食べられます。

しかし、私が食べたのは、和牛と刺身と茶碗蒸しだけでした。他の3人も似たり寄ったり。

前回の旅行の料理がものすごく美味しかったので、今回もと期待していたのに… ガッカリしていると、友人達から嬉しいサプライズが‼️


翌日が誕生日の私の為にバースデーケーキを用意してくれました。ありがとうございます\(^o^)/
大きなケーキだったのでみんなで半分食べて、残りは翌朝、予想通りに不味かった朝食の代わりに食べました。ケーキが外注品で良かったです。

そして、一晩中、吹き荒れる暴風の中で眠ったのでした。野ざらし駐車のセレナちゃんもさぞ、辛かったことでしょう。ごめん。

翌朝は昨日の暴風が嘘のような穏やかな海。そして、快晴。



朝食後、売店でお土産を買ってチェックアウト。

驚いたことにお見送りのスタッフはゼロ。お出迎えの時はビックリするほど大勢のスタッフが出迎えたのに。

帰りはサッサと帰りやがれpapersign03

ってことなんですねangry。重い荷物を各自持ってクルマへ。

そして、昨日下見しておいたお店で饅頭や酒等を購入して家路につく。帰りは、磐越道→東北道で帰ることに。道路はガラガラで快調にドライブ。
途中、お昼は喜多方市に寄り道して喜多方ラーメンnoodleを食べることにしました。ネットで調べてナビを頼りに走行して、たどり着いたお店はそこそこ繁盛していました。


美味しいお店を探すのは難しいですね。

東北道は私が運転して帰宅。秋の遠足は無事に終わったのでした。
次はどこspaへ行こうかね〜。

| | コメント (2)

2015年10月11日 (日)

女子旅〜2015 秋 瀬波温泉〜

秋の旅行のテーマは

海に沈む夕日を眺めながら温泉に入り、美味しい料理を食べる

です。で、選んだのが新潟県の瀬波温泉。新潟県でもかなり北に位置していると知ったのは、出発直前でした。ま、ドライバーが3人いるから長距離の旅も問題ないでしょ。

台風23号が北海道に接近している木曜日の朝6時半に友達1人を乗せて、我が家をセレナで出発。残りの2人を途中で拾って、北関東道の太田桐生インターを目指します。

途中のPAで朝ご飯。そして、ドライバー交代。風はかなり強いけど、空は青空。夕日が見れるかも‼️

関越道に入り、赤城山付近で雨。山付近は雨が降りやすい。海に行けば晴れているよ。そして、国境の長いトンネルを抜けて新潟県に。厚い雲が空を覆っている。でも、強風が吹き飛ばしてくれるよ。女4人のおしゃべりは尽きない。

北陸自動車道の黒崎PAで、事前にリサーチしておいたプレミアムソフトクリームを食べる。さらに、魚沼産こしひかりや柿の種などの新潟土産をお買い上げ。一泊の割には、皆さん、既に一人2個くらいづつ荷物を持ち込んでいるので、セレナの後部は山積み状態。まだ、旅の序盤なのに。

荷物満載でも、女4人で広々セレナです。ドライバー交代して、目指すは、岩船漁港。


ここでお昼。漁師食堂の漁師定食。御飯は新米の岩船米だそうです。味は…

再度、私の運転で鮮魚センサーに寄りお土産の下見。そして、笹川流れを目指して出発。したのはいいが、そもそも笹川流れって何⁇ってことになり、ネット検索する。

笹川流れ(ささがわながれ)は新潟県村上市にある海岸。国の名勝および天然記念物に 指定されている地域で(1927年指定「笹川流」)、日本百景にも選定された県下有数の 海岸景勝地である。←Wikipediaより


初めて見た日本海は強風でスゴイ波でした。青空だけど水平線には厚い雲が。

潮風に晒され、時には波しぶきを浴びたセレナです。そして、この後にさらなる試練が‼️


道の駅 笹川流れでお土産を物色したり、海岸で写真を撮ったりしていると日が暮れそうになってきたので、ダッシュで今宵のお宿へ急ぐ。ほとんど、クルマもいない田舎道で運転は楽しかったです。

そして、4時ごろ、宿に到着。

ー 続く ー

| | コメント (0)

2015年6月 9日 (火)

女子旅 〜2015 初夏 伊東温泉②〜

さて、今宵のお宿は

伊東に行くならハ◯ヤnotes

ではなくて、

星野リゾート 界 伊東 でした。

まあ、これまで泊まったお宿の中でナンバーワンでしたよcrown

3時に到着して、広々としたロビーでチェックインしていると、続々と宿泊者が到着。平日なのにみんな温泉に来るんだね。←自分もそうだけどspa

慌て 貸切り露天風呂を予約する。

そして、いよいよお部屋へ。

ひ、広いlovely 広いお部屋が一つだけでなく、広い廊下を挟んでもう一部屋‼️もちろん、窓から見える手入れの行き届いたお庭の景色も良かったです。ハ◯ヤも見えたよ。

そして、一休みしてから、ビッシリのスケジュールをこなすことに。

まず、庭に出てお茶会(という名の試飲会)、鯉の餌やりが終わると、部屋に戻って水着に着替えて温泉プールへ。




貸切り状態。鬼コーチにスイカ ボールで特訓されました。

さすがに温泉プールで冷えたので、大浴場へ。広くて、露天風呂も気持ち良かった。しかも、みんな、夕食の時間みたいでガラガラだった(私達は遅い時間帯を選択)。

大浴場の次は貸切り露天風呂へ急ぐ💨 ここは、小さい子供のいる家族が、他の宿泊者の迷惑にならないように使う所かな。

温泉で癒された後は、御飯前に卓球の予定だったけど、時間がなくて食後に。

いよいよ、メインのお夕食です。
お食事処にて。個室っぽく仕切ってあります。




予約する時に、夕飯はグレードアップでお願いしました。大きな伊勢エビと鮑の踊り焼き、美味しかった。全てが繊細で美味しくて大満足happy01

たっぷり2時間かけてのディナー。いつの間にか他の宿泊者達はいなくなり、私達だけに。前菜からデザートまで全て美味しかった。

お腹いっぱいになり、卓球をする気になれず、部屋に戻る。眠い目をこすりながら、翌日のプランを相談して就寝したのであった。

翌日、早起きしてまず、大浴場へ。スッキリと目が覚めたところで朝食。朝食後は卓球の予定を変更して、お土産の下見。

出発の準備をしてロビーでコーヒー&お土産タイム。

スタッフの笑顔に見送られて9時に出発。
「もう、海は見飽きたから富士山が見たい」と言う事になり、大井松田を目指す。途中、マリンタウン等でお土産を買いまくる。

ネットで検索した富士山が良く見えると言う大井松田のハーブガーデン(名前は覚えてない)に行ってみたが、樹木が邪魔して全く見えず。ハーブガーデン自体、大したことなくて(入園料が無料dollarだったけど)… お昼はハーブ料理‼️と期待していたのにあてが外れる。

とりあえず、富士山に近づこうと御殿場を目指してR246に入るが、凄まじい渋滞に心折れて帰ることに。富士山は次の楽しみにconfident

お昼は海老名SAで食べよう!と大井松田インターから東名高速に。渋滞でない東名上りの運転って何年ぶりでしょう‼️ もちろん、ここは私が運転担当。
快調に運転していると、海老名ジャンクションの標識が… 海老名SAを諦めて圏央道へ入る。が、海老名インターで降りて、裏からSAに入ろうと言うことに。スマホのナビって便利ですね。ナビ通りに住宅街の細い道を走り回り、海老名SAの裏口に到着。同じ考えの人が多いのか、ちゃんと利用者駐車場が用意されてました。

お昼とデザートを食べ終わるといよいよ帰宅の途に。圏央道に戻り、桶川北本までノンストップ走行。終点の桶川北本からは下道で帰ることに。

夕飯は佐野ラーメンを食べよう!と言うことになり、一路佐野市を目指す。

美味しいラーメンを食べて解散。お天気にも恵まれて楽しい旅でした〜scissors
しっかりと太ったけどね。

そして、既に秋の温泉旅行計画が動き始めている。楽しみだnotes



| | コメント (0)

2015年6月 8日 (月)

女子旅 〜2015 初夏 伊東温泉①〜

日々の疲れを癒したい。そうだ、温泉に行こうsign03

と決まったのは、女子会の新年会の時。

ゆっくりと温泉に浸かりたい
美味しい海の幸を食べたい

この二つの条件を満たす温泉として伊東温泉に決定したのは、4月のお花見ランチの時だった。

クルマは女子4人の荷物がたっぷりと積めるうちのセレナに決定。

爽やかに晴れた5月の朝 6時に我が家を出発した。

今回は首都高の渋滞を避けて、圏央道をチョイス。初めて走る圏央道。ちょっと楽しみ。そして、圏央道に乗ると渋滞もなく、あっと言う間に終点の茅ヶ崎へ。ほんと便利になったわ。

西湘バイパスのPAにて



海ですよ。海。湘南の海。海なし県に住む人間の憧れの海です。

オフシーズンのしかも平日の海を眺めながらのドライブ。サイコーでした。

11時前に伊東漁港に到着。お昼は、伊東漁協直営 漁師めしや 波魚波 にて新鮮な海鮮丼を食べた。

味は… まあ、海が目の前だからお魚は新鮮なんでしょうけど…私たちにはちょっと…
早速、観光地の洗礼を受けた。

めげずに、道の駅 伊東マリンタウンから「はるひら丸で海底探検と名所巡り」←チケットにハッキリと記載してある。




お魚がたくさん見られて楽しかったハワイの潜水艦での海底探検をイメージしていたら、全然違いました。出港したら、デッキに誘導されて、潮風を思い切り浴び続けたpout。どこが海底探検なんだよannoy 立っているのがやっとの揺れの中で船酔いしなかったのが奇跡(しかも、あの海鮮丼の後で)。心に残ったのは、漁船群の中でひときわ異彩を放っていた海上自衛隊の船だけ。遠くに見える島は初島。

クルージングを満喫?した後は、マリンタウンでお土産の下見をして、チェックインの3時が近づいたので、本日のお宿へ。

ー 続く ー

| | コメント (0)

2007年3月10日 (土)

イタリアのイケメン達

ご無沙汰です。強烈な偏頭痛に見舞われ、のた打ち回ってました。首を長くして待っていたみなさん、すみませんm(__)m

Blog154 さっそく本題です。

バチカンのサン・ピエトロ寺院でローマ法皇様をお守りするスイスの兵隊さん
マウスに拡大鏡機能のある方は拡大してご覧下さい。

かなりのイケメンだと思いませんか?

Blog152_1 続いて、ベネツェアのサンマルコ寺院で盗撮?したイケメン。

男性の方々、携帯電話をかける時はこのポーズをぜひ参考にして見てください。

ただし、あまり高いところに足を乗せると転ぶかもしれませんから、注意してくださいね(大きなお世話か)。

Blog153 最後は(もう終わりかって?すみません)フレンツェで夕食を食べた時に、演奏してくれたおじいちゃん。

笑顔がとってもチャーミング(*^_^*)
女子大生達にも大人気でした(殿下、こう言うおじいちゃんになりましょう!)。

いい人生を歩んできたと言う顔してますよね。

オフシーズンとは言え、観光国イタリアはすごい人、人、人。
右を見ても左を見てもイケメンだらけで写真を撮るのも難しくて、私の心の中にたくさんのアルバムを残しました。
みなさんもぜひ目の保養にお出かけすることをお薦めします。

ちなみに、妹曰く

いい男の隣には必ず女がいる

そうです^^; イタリアの女性は目ざとい!
姉妹にとって大変楽しい旅になりました。(足腰が丈夫なうちに)また行きたいです。

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

イタリア旅行

Blog150 ボンジョルノ!昨日、無事に帰国しました。

←今回のローマ→フレンツェ→ベネツェア→ミラノを駆け抜ける旅のお供をしてくれた真っ赤なフェラーリです。アウトストラーダを激走しましたよ。

のはずありません。ミラノで路駐されていたフェラーリです。
メルセデス・ベンツの大型観光バスでの旅でした。車内ではボロボロこぼれるせんべいとかベタベタするアイスクリームの飲食は禁止、「コーラは飲んで良いか」と聞いたら「いいけど、こぼすなよ」と言われた^^;。

ドライバーはエンツォさん。名前からして速そうでしょ。ブレーキングも上手で大変快適なドライブが出来ました。

卒業旅行シーズンだそうで、私達のバスの90%は女子大生。もう一台は100%女子大生だった。普段歩かない私は石畳を歩くだけでも大変なのに、若い子達は歩くのが速くて付いていくのが大変だった(>_<)。

帰国したら、Zを修理しなきゃならないので、何も買うまいと決めていたのだが、最終日のミラノでつい・・・

Blog151_2 ←シャネルのネックレスを買ってしまった。

私「これをホワイトデーのプレゼントにしてくれても良くてよ」
旦那「\(◎o◎)/!チョコレートをもらってない」

私「(空港で小銭を使い切るためにチョコを)買ったよ。冷蔵庫にあるから食べて♪」

明日はイタリアのイケメン特集をしたいと思います。

| | コメント (0)

2007年2月26日 (月)

明日から旅に出ます

ボンジョルノ。明日からイタリア旅行へ出発します(^_^)v

先日、添乗員さんから挨拶の電話があった。添乗員付きのツアーなんて初めてなので驚いた\(◎o◎)/!すごく元気そうな女性だった。良かった。あと、移動が多いので健康で運転の上手なドライバーのバスに乗りたい。

昔、OL時代にパリに行った時、バスの運転手がブロンドの若い兄ちゃんだった。見た目は良かったのだが、運転がチョーウルトラ下手(>_<)。
カックンブレーキで酔ってしまった私がガイドさんに「気持ち悪い」と訴えたところ、花の都パリの街中でバスを停めて、

「ここで降りて吐け」

と言われた。さすがに出来なかった(>_<)

ル・マン24観戦に行った時のバスのドライバーは日産のテストドライバーをやったことがあるそうで、すごく運転が上手だった。

イタリアではフェラーリのテストドライバーの人に当たるといいな。
(でも、念のため、酔い止めの薬も持っていこう)

Blog149_2  私が留守中もマイケルとジュリーが店番しますので、よろしくお願いしますm(__)m

ただ、寝ているだけですけどニャ  zzz......  マイケル(=^・^=)

| | コメント (4)

2007年2月23日 (金)

イタリア旅行の準備3

今日は朝一番に親戚の美容院へ行った。

それから、旅行に備えてのお買い物。
今回のイタリア旅行は予想外のことだったので、旦那に「自分の小遣いで行け」と冷たく言われている;_;。

だから、電機屋さんでは貯まっていたポイントを使ってお買い物。ショッピングセンターでは貯まっていた商品券を使ってお買い物。極力、自分の財産に手をつけないように工夫した。

旦那「そう言うところは頭が回るんだな」

当然だ(-"-)

ヨーロッパ旅行はル・マン24観戦以来、10年ぶりである。直行便指定で行くなんて贅沢はできずヨーロッパ乗継ぎ便の安いツアー。

のはずだった。

が、なんとJALの直行便で行けるそうだ(^_^)v 「ヴァージン・エアだといいね」って姉妹で密かに期待していたのだが、乗継ぎがないのはやはりありがたい。「coffeeではなくコーヒー」で通じるのは嬉しい。
後は荷造りだけ。楽しみ♪

今月から日本経済新聞を購読しているのだが、忙しくて新聞を読むヒマがない。新聞だけでなく、定期購読している経済誌、カー雑誌、ファッション雑誌もそのまま置いてある。そんなに時間がないのかp(^^)q.

ちゃんと読んでいるのは立読みの女性週刊誌だけ^^;。←いいのか?

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金)

最後の晩餐

今回のイタリア旅行のハイライトである『最後の晩餐』。

私「最後の晩餐』は日本で予約出来るよ。どうする?」
妹「ミラノだよね」
私「うん」
妹「最後だから、美味しい物を食べたいね♪

\(◎o◎)/!レオナルド・ダ・ヴィンチの絵のことだよ。
こんなアホな妹と一緒にイタリア旅行に行って来ます(>_<)

ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』の見学って完全予約制だそうだ。
直接、教会に電話するかネットで予約できるのだが、よくわからないので、JCBカードに代行予約を頼んだ。
そしたら、ここまで必要かいってくらい「個人情報」を入力させられた。
で、「その日は終日完売です」とそっけない返事が来た(`´)ので、別の旅行会社に頼んだ。

PS 『最後の晩餐』を私はここで予約しました。JCBみたいに個人情報をいやと言うほど入力させられることがなく希望日を伝えて予約料を振り込むだけでした。→ITARIAN VIDEO COLLECTION

少し割高になっても予約はした方がいいです。すごく感動しました。
あと、日本語のオーディオガイドも借りたほうがいいです。

| | コメント (0)